【テックアカデミーとテックキャンプ徹底比較】

テックアカデミーとテックキャンプ徹底比較!【アプリコース編】

 

iPhone、Androidはスマホの中でも高い人気があります。

 

そのため、スマホアプリの需要も増えているのです。

 

 

しかし、スマホアプリを作成するエンジニアは不足しているのが現状です。

 

一方で、スマホアプリを開発できるエンジニアになりたい人は増加傾向にあり、スマホアプリ開発のオンライン講座で勉強している人も増えています。

 

 

ここではスマホアプリ開発のオンライン講座を探している人のために、スマホアプリ開発のスキルを本当に身につけられるオンライン講座としてテックアカデミーとテックキャンプを徹底比較して紹介しています。

 

 

1 比較対象になるスマホアプリ開発が勉強できる通信講座とは?

 

スマホアプリ開発が勉強できるオンライン講座はいくつかあります。

 

しかし、オンライン講座のカリキュラムが良くなかったり、オンライン講座で使われる教材が分かりにくかったりして、初心者がスマホアプリ開発の勉強を諦めそうなオンライン講座まであるのです。

 

このようなオンライン講座は内容を比較するまでもありません。

 

 

そこで、スマホアプリ開発のスキルを初心者でも身につけられる良質のオンライン講座を厳選して、そのオンライン講座の内容などを比較していきます。

 

 

 

 

【比較対象になるスマホアプリ開発が勉強できるオンライン講座】
・テックアカデミー
・テックキャンプ

 

この2つのオンライン講座は、それぞれにメリットや優れた点があります。

 

そのため、初心者でもスマホアプリ開発のスキルを身につけられるオンライン講座になっていると断言できるのです。

 

 

ここからは「テックアカデミー」「テックキャンプ」の2つのスマホアプリ開発のオンライン講座について、カリキュラムなどを徹底的に比較していきます。

 

2 スマホアプリ開発のオンライン講座を徹底比較!

 

一口に「スマホアプリ開発のオンライン講座」と言っても、カリキュラムも違いますし、オンライン講座の形式も異なります。

 

そこで、初心者がスマホアプリ開発のオンライン講座を選ぶときに必要な情報をピックアップして、それぞれのオンライン講座を比較しています。

 

テックアカデミー(TechAcademy)

・コース iPhone/Android/Unityの3種類
・オリジナルのオンライン学習システム。
・個人に合わせた宿題。
・メンター(講師)にチャットで質問可能。
・講師は現役の一流エンジニア。
・フリーランスで活躍するエンジニアもいる。

 

テックキャンプ(TECH::CAMP)

・コース iPhone/Unityの2種類
・デザインやWebサービス、Androidのゲーム開発なども学び放題。

・オンラインでオリジナル教材を使用。
・オンラインで質問可能。
・学習拠点(教室)も利用可能。
・講師はテックキャンプを受講した大学生がほとんど。
・きちんと研修を行っている。

2−1 カリキュラム

 

スマホアプリ開発のオンライン講座なので、スマホアプリ開発に必要なプログラミング言語の「Swift」などの知識を勉強できるところは比較対象にならないでしょう。

 

しかし、それぞれのオンライン講座のカリキュラムをよく見ると異なる部分もあります。

 

比較すると分かるように、テックキャンプはスマホアプリ開発に加えて、Androidアプリ開発のスキルも学べるオンライン講座になっているのです。

 

ただし、テックアカデミーには「セットコース」があり、そこではスマホアプリとAndroidアプリ開発の両方が勉強できます。

 

 

一概に比較できませんが、スマホアプリ開発の勉強に集中したい場合は、テックアカデミーが良いと言えます。

 

デザインやWebサービス、人工知能などの幅広い知識を学びたいときにはテックキャンプを選ぶということも良いでしょう。

 

2−2 講座の形式

 

オンライン講座は講座ごとに特徴があるのが一般的です。

 

それはスマホアプリのオンライン講座でも同様です。

 

オンライン講座という点は同じですが、講座の形式には違いがあります。

 

特徴的な点について、比較していきます。

 

テックアカデミーはサポート全般を行ってくれる「メンター」がいて、専属で対応してくれます。

 

カリキュラムや宿題など、様々な面でサポートしてくれるので、オンライン講座でも挫折しにくいのが特徴です。

 

 

テックキャンプは教室という学習拠点が利用できる点が、オンライン講座としては比較的目新しいと言えます。

 

スマホアプリ開発のオンライン講座の分からない点を教室で質問することも可能です。

 

 

この2つのスクールのオンライン講座は講師による授業を受けるのではなくて、オンラインのオリジナル教材を独自に進めていく形式となっていているので、比較的自由な点が良いと言えます。

 

2−3 講師

 

講師については、大きな違いがあります。

 

そこで、それぞれのオンライン講座の講師を比較してみます。

 

 

 

 

大きな違いは、テックアカデミーのスマホアプリのオンライン講座で活躍する講師は「現役のエンジニア」ということです。

 

しかも、フリーランスで活躍している有名なエンジニアも講師になっているなど、オンライン講座で現役エンジニアから指導を受けることができるのです。

 

 

一方で、ほかと比較するとテックキャンプの講師は頼りない印象もあります。

 

スキルは確かと言えますが、スマホアプリ開発に関する経験は比較するまでもなく少ないと言えるでしょう。

 

 

現役エンジニアの指導を受けることが良いとは言えませんが、比較して考えるのであれば、テックアカデミーの講師のほうが良いと考えられます。

 

 

3 費用と学習期間

 

スマホアプリのオンライン講座を受講する場合の費用と期間について、それぞれのオンライン講座を比較してみます。

 

テックアカデミー(TechAcademy)

4週間

8週間

12週間

16週間

129,000

179,000

229,000

279,000

テックキャンプ(TECH::CAMP)

1ヵ月

2ヵ月目以降※

128,000

12,800

※テックキャンプは2か月目以降は質問のみとなり、期間は自由に選択できる。

 

 

スマホアプリのオンライン講座に限らず、テックアカデミーでは無料体験などが行われています。

 

いきなりスマホアプリのオンライン講座に申し込むのではなく、まずはここで紹介したそれぞれのオンライン講座を比較した情報を基にして無料体験を申し込んでみるのが良いでしょう。

 

 

また、費用と学習期間を比較するとテックキャンプが安くて良さそうにみえます。

 

しかし、テックアカデミーは自分に合った学習期間を選択できるようになっています。

 

 

もちろん、テックキャンプでじっくりと納得のいくまでスマホアプリ開発を勉強することも悪くありません。

 

しかし、6ヶ月以内に成果を出せないようでは、スマホアプリ開発だけではなく、そのオンライン講座が自分に合っていないことも考えられます。

 

テックキャンプでダラダラと続けてしまうよりも、期間を決めてスマホアプリ開発のオンライン講座に臨めるテックアカデミーを選ぶことが最善と言えるでしょう。

 

 

 

4 まとめ

 

スマホアプリ開発を勉強できるオンライン講座を比較してきました。

 

それぞれに良いところがあり、どのオンライン講座を選んでもスマホアプリ開発のスキルが身につくと考えられます。

 

 

ここで比較した内容をよく検討して、どこのスマホアプリ開発のオンライン講座を選ぶか、考えてほしいと思います。

 

どこのスマホアプリ開発のオンライン講座を選ばなければならないとは断言できません。

 

それでも、期間を決めてスマホアプリ開発が勉強できる点、講師が現役エンジニアである点などを考えると、テックアカデミーを選ぶことが良いでしょう。

 

また、無料体験も開催中のため、テックアカデミーに入って続けられるかどうか、不安に感じているなら、まずは無料体験をして良さを感じてみることをおススメします。

 

 

オンラインブートキャンプ 無料体験