スマホアプリ 通信講座

スマホアプリ開発を学べる通信講座はテックアカデミー!


スマホアプリは、とても身近で便利な存在です。

 

そんな趣味や仕事に活用できるスマホアプリの需要は伸びていますが、肝心のスマホアプリを開発するエンジニアは不足しているのが現状です。

 

 

しかし、今ではスマホアプリ開発は通信講座で学べる時代になりました。

 

また、これからの転職や就職は、通信講座などでスマホアプリ開発のスキルを身につけておくと有利になると考えられています。

 

ここでは、テックアカデミーのスマホアプリ開発を学べる通信講座について、詳しく紹介しています

 

1 スマホアプリ開発は通信講座がベスト!

 

スマホアプリ開発はコンピューターの専門学校でも学べます。

 

しかし、専門学校は就職率を重視しているため、スマホアプリ開発に必要ない資格などを取得させることもあり、スマホアプリ開発のスキルが十分に習得できないこともあるのです。

 

 

一方で、スマホアプリ開発の通信講座は、スマホアプリ開発に必要ないことは講座に含まれません。

 

これは、通信講座は限られた時間で行われるため、スマホアプリ開発のスキル以外を学習させる時間がないからです。

 

つまり、スマホアプリ開発を学びたいのであれば、スマホアプリ開発の通信講座で勉強するのが最も良いのです。

 

 

 

2 スマホアプリ開発はテックアカデミーの通信講座で!

 

スマホアプリ開発を学べる通信講座は増える傾向にありますが、特に人気が高いのは「テックアカデミーの通信講座」なのです。

 

これは、テックアカデミーの通信講座はスマホアプリをリリースすることがゴールとなっていて、スマホアプリ開発に必要なことのすべてを教えてもらえるという点が高く評価されているからです。

 

 

 

2−1 テックアカデミーはスマホアプリ開発を最短コースで学べる

テックアカデミーのスマホアプリ開発の通信講座は「最短コース」で学習できることも魅力の一つです。

 

 

テックアカデミーの通信講座はスマホアプリ開発に限らず、目的に応じたコースが多数用意されています。

 

例えば、同じスマホアプリでも「Androidアプリ開発講座」と「iPhoneアプリ開発講座」と「スマートフォンアプリ開発講座(Androidアプリ+ iPhoneアプリ)」があり、自分の目的に合ったコースが選べるのです。

 

そのため、スマホアプリ開発を最短コースで学べる通信講座になっていると言えます。

 

 

実際、Androidのスマホアプリは「Java」というプログラミング言語のスキルが必要ですが、iPhoneのスマホアプリでは「Swift」というプログラミング言語のスキルが必要になります。

 

このようにテックアカデミーでは目的に応じたコースの通信講座を選ぶことで、最短でスマホアプリ開発ができるようになるのです。

 

 

 

2−2 テックアカデミーの通信講座はメンターがサポート!

テックアカデミーの通信講座では「パーソナルメンター」という制度が採用されています。

 

パーソナルメンターはチャットで疑問点を解消してくれたり、学習の進度に合わせた宿題を出してくれたりして、スキルアップをサポートしてくれます。

 

 

しかも、パーソナルメンターは現役で活躍するエンジニアです。

 

そのため、テックアカデミーのスマホアプリ開発の通信講座はプロの指導を受けているのと同じ効果も得られるのです。

 

 

 

2−3 テックアカデミーはライフスタイルに左右されない通信講座

テックアカデミーの通信講座は「ライフスタイルに左右されない」ことも特長の一つです。

 

 

スマホアプリ開発に限らず、通信講座は一定の期間を決めて講座が行われます。

 

しかし、テックアカデミーの通信講座は「4週間」「8週間」「12週間」「16週間」の4つのプランから選べるようになっています。

 

スマホアプリ開発を素早く学びたい人でも、じっくりと学びたい人でも、テックアカデミーの通信講座は対応しているのです。

 

 

また、期間の長いプランを選択すると、1時間当たりの料金は安くなります

 

初心者はスマホアプリ開発をじっくりと学べて、1時間当たりの料金が安い16週間のプランを選択すると良いでしょう。

 

そのほうが、スマホアプリ開発のスキルも上達しやすいですし、途中で挫折しにくくなりますよ。

 

 

 

2−4 コンテストでアピール!

テックアカデミーの通信講座では、自身が開発したスマホアプリを評価するコンテストがあります。

 

このコンテストは、企業の最高技術責任者(CTO)や経営者が評価するので、最高のアピールの場になるでしょう。

 

 

スマホアプリ開発を学べて、最後に経営者たちにアピールできる場まで用意されている通信講座はほかにはありません。

 

スマホアプリ開発の通信講座を探しているなら、テックアカデミーの通信講座が最も良いと言えるでしょう。

 

 

 

3 まとめ

 

私は転職して、システムエンジニアになった経験から最後にひと言。

 

それは転職のときにスマホアプリ開発の経験は大きな強みになるということです。

 

面接のときにも実績があると言えますしね。

 

スクールでiPhoneアプリを学んだ後もコツコツと夜中に作業して、今ではアプリを8本公開することができました。

 

(AppStoreで公開中のアプリ)

 

最初はiPhoneアプリ開発を独学でチャレンジしていましたが、実際、独学はやってみて難しいと感じました。

 

初心者がプログラミングを習得することが難しい理由はこちらのページを読んでください。

 

プログラミング未経験者がエンジニアになるのが 難しい理由とは